皆さんはどのような生活していますか?偏食、運動不足、喫煙、ストレス・・・は生活習慣病を引き起こす原因になります。日頃から規則正しい生活を送ることで健康な体に慣れますので今から伝えることを参考にして健康になりましょう。

生活習慣を見直して代謝を促し太りやすい体質を改善

食事制限をしているのになかなか体重が減らずに痩せられない、食べる量は他の人と同じなのに自分だけ太ってしまうという人は、代謝がうまく働いていない可能性があります。
代謝には、新陳代謝と基礎代謝、実質代謝の3種類があり、ダイエットしているのに痩せられない原因は、基礎代謝に深くかかわりがあります。
基礎代謝は、外部から取り入れたエネルギーを体内で利用したり消費したりすることで、これが正常に行われなければ、太りやすい状態になったり、血圧が上がりやすくなるなど、あらゆる生活習慣病の引き金になってしまいます。
これらを改善するためには、正しい生活習慣を身につけて、筋肉をつけるための運動を日課にし、塩分を控えて脂肪分の少ないたんぱく質を積極的に取るなど食生活の見直しをすることが大事です。
運動をすることは、脂肪を燃焼させて太りやすい身体を改善するだけでなく、身体を動かすことで血行を良くする効果があるので、結果的に血圧を下げることができます。
また、食生活では、塩分を控えてカリウムを含んだ野菜中心の食事にし、食後はコーヒーや緑茶などの適度なカフェインを摂取するといいでしょう。
食事を取る際には、噛めば噛むほど食後のエネルギー消費量も高くなりますし、よく噛むことで太りやすい体質を改善することができるので、堅めの野菜や果物、食物繊維の多い全粒粉のパンを食事に取り入れるのも効果的です。
代謝を上げるためには、軽い運動をした後に、良質なたんぱく質を中心にした食事を取って、十分な休憩を取ると良いでしょう。
また、普段からの生活習慣も大事です。
適度な運動とバランスの取れた食事を取り、過度な飲酒や喫煙を控えるようにすると、太りやすい体質を改善することができます。