皆さんはどのような生活していますか?偏食、運動不足、喫煙、ストレス・・・は生活習慣病を引き起こす原因になります。日頃から規則正しい生活を送ることで健康な体に慣れますので今から伝えることを参考にして健康になりましょう。

快適な食生活のためインプラントに切り替える

インプラントを多くの歯医者が勧めているのは、なにも審美性の問題ばかりではありません。
噛むということは、日常生活において欠かすことのできない事柄です。
しかし虫歯を放置していたり、欠けてしまっているものがあると、その機能を十分に活かすことはできません。
年をとり入れ歯をするようになった人も、違和感や使い勝手の面で不満を抱いているものです。
そうした難点を解消するものとして、審美歯科ではオールオン4という施術を行っています。

これは従来のインプラントのように、一本ずつ支柱を埋めていくものとは異なる技法です。
埋め込むのは、片顎に対して4本で済みます。
それが支えとなって、全体的にカバーしてくれる人口の歯を装着しますから、たいへん合理的です。
これまでの施術では、骨の造成手術が必要だったり、腫れに悩まされがちなものでした。
しかしこの技法ならば、身体的にはもちろん、経済的にも負担を減らすことができます。

快適な食生活は、心身の健康を促すものです。
食べ物をよく噛めば消化も良くなりますし、脳への適度な刺激にもなります。
また、咀嚼によって細胞を破壊しなければ、食材の栄養素を十分に吸収することも困難です。
こうした機会を、歯の切り替えによって損なうことは避けなければなりません。
歯の機能をまったく使わない食事としては、流動食があげられます。
これを長く続けていると、腸の働きを弱め、壮健な人も元気をなくしかねません。
とくに高齢者においては、こうした状況に陥りやすいため、今一度注意が必要です。

丈夫な歯をつけるインプラントならば、こうした懸念からは解放されます。
信頼できる歯医者に身を任せ、入れ歯からも卒業できれば、快適な食生活を取り戻すことも可能です。
諦めていた固い食べ物も、遠慮せず食べることができます。
健康の基本となる噛む機能を高めるため、まずは審美歯科に通うことが大切です。
オールオン4を利用するためには、自分の歯が少なくなっていることが条件となっています。
総入れ歯の人ならば、かえってチャンスとなりますから、積極的に検討していくべきです。

いつまでも流動食と無縁の人生を送りたいのであれば、インプラント治療後も、歯医者に足繁く通うことが求められます。
施術後に異常がないかしっかりと診察を受け、口内環境を確認してもらえれば安心です。
高齢者だからこそ噛むことを断念することなく、審美歯科でオールオン4のインプラントをとりいれていきましょう。

■神奈川県大和市の歯医者はオススメ
インプラントを大和でする